ドイツ生活と独学ドイツ語学習の備忘録

ドイツ生活と完全独学でドイツ語をマスターするまでの記録

【ドイツ語-A1】必須日常会話フレーズ「最悪だ!」

ドイツ語A1の復習がてら、Nicos Wegのビデオを見ながら勉強しています。
簡単なフレーズは丸暗記するようにしています。
動詞や形容詞の不規則的な変形の形を覚えるより、会話している時にすぐ口から出て来やすいからです。

「Nicos Weg」とは、私がドイツ語学習に使っているオンラインの教材です。
気になる方は過去の記事参考にどうぞ。

日常生活で使えるフレーズがたくさん出てくるので、丸暗記必須です。

「最悪だ!」ドイツ語で言うと?

f:id:gtammy:20191106175916p:plain

Was für eine Katastrophe!
最悪だ!
*直訳すると「なんという災難! 」

  • Katastrophe 「災難、災害、惨事」

発音は「ヴァス フュアー アイネ カタストォーファ」です。

「解決策はありません」ドイツ語で言うと?

f:id:gtammy:20191106180655p:plain

Es gibt keine Lösung.
解決策はありません。

  • Lösung 「解決、解答、正解」

発音は「エス ギブトゥ カイネ ルーゾン(グ)」です。

「今日はどんな一日だった?」ドイツ語で言うと?

f:id:gtammy:20191106181530p:plain

Wie war dein Tag?
今日はどんな一日だった?

英語ができる人にとっては、いくつかのフレーズは英語の置き換えで簡単にドイツ語にできるのですぐ覚えられるかと思います。
このフレーズは英語で言うと「How was your day?」
簡単ですね!

「静かだね」ドイツ語で言うと?

f:id:gtammy:20191106234342p:plain

Du bist so still.
きみ、とても静かだね。

発音は「ドゥ ビストゥ ゾー シュティル」です。

「準備できました」ドイツ語で言うと?

f:id:gtammy:20191113222824p:plain

Ich bin bereit.
準備できました。

  • bereit「準備のできた、用意のできた」

発音は「イヒ ビン ベライトゥ」です。

「どうぞ中に入って!」ドイツ語で言うと?

f:id:gtammy:20191113223028p:plain

Kommt rein!
どうぞ中に入って!

  • reinkommen「中に入る」

発音は「コムト ライン」です。

「何があるの?」ドイツ語で言うと?

f:id:gtammy:20191120025507p:plain

Was gibt es denn?
何があるの?

こちらのフレーズはレストランでもよく使います。
日替わりのランチやケーキメニューがメニューには書いていない時など、このフレーズを使って店員さんに尋ねてみてください。

「〜を知っているの?」ドイツ語で言うと?

f:id:gtammy:20191120030405p:plain

Du kennst Yara?
ヤラを知っているの?

カジュアルな会話ではよく使うフレーズです。
疑問文の時は末尾のイントネーションを上げて発音します。英語と同じです。

「お願いしてもいい?」ドイツ語で言うと?

f:id:gtammy:20191120031147p:plain

Könnt ihr mir einen Gefallen tun?
(君たちに)お願いしてもいい?

  • Geffallen「好意、親切」
  • tun「 する」

上記は「君たちに」と複数形ですが、「あなたに」としたい時はこちら。

Kannst du mir einen Gefallen tun?
君にお願いしてもいい?

「もう一度言ってくれますか?」ドイツ語で言うと?

f:id:gtammy:20191120061406p:plain

Kannst du das bitte noch einmal wiederholen?
もう一度言ってくれますか?

定番中の定番フレーズ。
相手の言っていることが聞き取れない時に使ってください。

「〜について話しましょう」ドイツ語で言うと?

f:id:gtammy:20191120061942p:plain

…reden wir über deine Tante, okay?
...あなたの叔母について話しましょう、いいよね?

  • reden「話す」

「reden」と対で覚えるといい前置詞が「über」です。
〜について話すと言うときに、必ずセットで使います。

ちなみに「okay(オーケー)」は、ドイツ人もよく使います。
英語と同じ意味で同じ発音です。

ではまた!

写真引用:Nicos Weg A1より