ドイツ生活とドイツ語学習の備忘録

ドイツ生活とドイツ語をマスターするまでの記録

【旅行記】ギリシャコス島 1日目

今年の夏は、ギリシャコス島に9泊10日の旅に出かけました。

ギリシャに行くのは3回目。
ちなみに過去2回のギリシャ旅行は、キルケラ(コルフ)島。 キルケラ島が素敵な島だったので、コス島も期待大で行ってきました。

コス島旅行基本情報

  • エーゲ海南東部にあるトルコに近いギリシャの島
  • 期間:7月上旬(9泊10日)
  • 航空会社:Condor航空(ドイツ大手LCC)
  • 飛行時間価格:3時間(ドイツLeipzig空港からの直行便)
  • 往復航空券価格: €170位/人 *check-in baggage 別途 €50/人(往復)

拍子抜けした空いている空港

ドイツ、ヨーロッパの空港はどこも人が足りなくて、混雑してカオス状態というニュースを聞いていたので、 だいぶ余裕を持って空港に着いたけど、写真の通り空いていた(笑)

予想外に空いていた空港

混雑している空港は、ドイツでも学校の夏休みがはじまった州みたい。
ドイツは州によって、学校のお休みが異なるので、各地観光地の混雑緩和、ピークが多少ずれるので良い策だなーと思う。

出発日はあいにくの雨で寒かったので長袖の上着を着て空港に

機内は、8割程度席は埋まっていた。 とりあえず、遅延もなく無事コス島に到着!

綺麗な新しい空港

去年新しくリニューアルされた空港は、ピカピカだった。 予約してたレンタカー借りて、1つ目のホテルへ。

レンタカー情報
* レンタカー価格:€473.64 (9日)
* レンタカー会社:Sixt
* ガソリン代:€35(最終日に満タンにして返却した時に払ったガソリン代)
ちなみに、コロナ前のキルケラ(コルフ)島は、€15/日位だった。これもインフレの影響かな。

泊まったホテル1軒目「Palladium hotel」

1週間前に、ホテル探し始めたので、7-8割のホテルは予約済であまり選択肢がなかった。 予定は計画的に!(自分への戒め)

あまりホテル移動したくなかったけど、やむ得なく3つのホテルに泊まりました。

Palladium hotel

ドイツ人観光客だらけで、ここはドイツか!?状態のホテルでした(笑) ホテルスタッフになぜか英語ではなく、ドイツ語で話しかけられ、他の観光客にも朝食時の挨拶はドイツ語という、なんともドイツ人に囲まれた滞在でした。

ホテルに着いたのは夜8時過ぎ。それでもまだ明るくて暖かい!

ギリシャ料理レストランで夕食

お楽しみの初日の夕食はホテルから一番近いレストランで。

よく冷えた白ワイン。休暇の始まりに乾杯。

前菜はズッキーニボール。白ワインに合う!

キルケラ島に行った時に知った、このズッキーニボール。
前菜メニューに必ずあるので、行く先々のレストランでよく注文してた。
ズッキーニとパルメザンチーズ、ハーブ(ディル、ミント等)を混ぜて揚げたもの。

メインは焼き魚!夫は羊肉のラムのクレフティコ

クレフティコ(kleftiko) ギリシャの伝統的なラム肉を使った料理。  
オーブンで時間をかけて、ラム肉と野菜を一緒に長時間調理したもの

ギリシャのチーズケーキ、美味!

このレストランで、このチーズケーキが一番美味しかったかもって位、いい味だった。 (ちなみに、これはお店からのサービスで、メニューにはなかった。)

ギリシャヨーグルトを使って作ったって説明してくれた。
さっぱりしてて、レモンの風味が効いていて、上にかかった蜂蜜との相性抜群。

この後レストラン閉店時間まで、夫はOuzo(ウゾ)、私はロゼを飲んでいい気分になってホテルへ戻った。

Ouzo(ウゾ)
ギリシアのリキュール(蒸留酒)。 アルコール度数が約40度。

続きはまた明日更新予定。